初心者のうちに新車を買ってしまうと、傷つくのを恐れて走行テクニックの習得が遅れます。

その他、最初は中古バイクがいいという理由をお話ししておきましょう。

■中古で乗り慣れてから新車を購入する。

ベテランのバイク乗りからは、「バイクの免許取り立ての初心者のうちは、中古バイクに乗るように」とよく言われます。

その理由は何かというと、初心者のうちは転倒や事故を起こして、バイクがボロボロになる確率が高いからです。

中古バイクで市街地走行に慣れ、ツーリングやオフロード走行にも慣れてから新車に買い替えるのが賢明です。

新車に乗りたがる人が多いですが、慣れることが先決です。

■お気に入りの新車と同系の中古バイクで。

お目当ての新車バイクがあるなら、それと同系、シリーズの中古バイクを購入しましょう。

バイクにも個性があります。

その個性を中古バイクに乗って体感してください。

ただし中古バイクには、前のオーナーの乗り方のクセが残っています。

顕著なのは、アクセル、ギアチェンジ、ブレーキングなどです。

それらは新車の個性とは異なりますので注意してください。

■中古バイクでも、あまりクセの強いものは買わないように。

試乗させてもらって、クセの程度を見極めてから購入しましょう。

気に入ったバイクと同系の中古バイクがあったからといって、即断即決するのは考えものです。

試乗をして、前のオーナーのクセや走り具合を確かめましょう。

ショップから、メンテナンスの箇所など前歴を聞いておく必要もあります。

中古バイクで異様に安いものはレストア車の可能性もあります。