Author Archive

0

中古バイクを買取に出すとき、果たして走行距離は査定にどの程度影響するのでしょうか。

気になる点をお話ししておきましょう。

■エンジンの老化具合の一応の目安。

バイクの買取査定で走行距離が問題になるのは、エンジンの老化具合がどうかという目安になるからです。

またエンジンはメンテナンスや交換のパーツの中で、もっとも費用のかさむパーツだからです。

しかし実際には乗り方・扱い方によってエンジンの傷み具合は違ってきます。

良心的な中古バイク買取会社なら、それなりの評価をしてくれるはずです。

一括無料査定はあてになりません。

訪問査定が本番と言えます。

■一括査定は単なる連絡ツール。

ネットにある一括の無料査定は、入力項目が少なすぎるので、査定とは呼べないレベルです。

それを目安に膨大なデータから相場の価格が知らされるだけです。

中古バイク買取会社への連絡ツールのようなものと割り切りましょう。

訪問査定に来てもらったときは、改めて走行距離の話をしても構いませんが、肝心なのは乗り方がどうだったかです。

■オフロードが多ければバイクへの負荷が大きいので、中古バイクとしての見立ては悪くなります。

中古バイクは、自宅での査定が最終的な査定になりますが、同じ走行距離でもオフロードの走行が多い場合は減点の可能性が。

逆に市街地走行がほとんどなら、減点は少なくなる可能性が大きいです。

一応は念頭に置いておきましょう。

余計なことは喋らない方がプラスになります。

0

バイクメーカーの名門でスズキやカワサキは、多くの話題作を輩出してきました。

それ故に中古バイクとなっても高値のままです。

その辺の事情をお話ししておきましょう。

■人気があるから高く売れる。

単純に言ってしまうと中古バイク市場で価格が高いのは、人気があるからです。

スズキやカワサキは年代ごとにヘビーユーザーがついていて、“それしか乗らない”というマニアがたくさんいます。

そういうバイク乗りのツーリングチームがあったりもします。

そうなると中古バイクといえども市場では別格扱いになります。

基本的に中古バイクの市場では、出品される前に見通しが立っていますから、最初から高値です。

■市場に出回らない幻の名車。

ヴィンテージものとか、レアもの、あるいはプレミア付の中古バイクはたくさんあります。

そういうものは年代が古くなるほど価格が高く、だいたいは中古バイクのショップに予約が入っています。

「××年の××モデルが入ったら買います」といった予約です。

ですから市場に出る前に買われ、幻の名車という地位に君臨することになります。

市場に出回るのはごく希です。

■よほど惚れ込んでいるのでなければ、プレミア付の中古バイクを追いかけるのはやめた方がいいでしょう。

最初のうちからプレミア狙いで中古バイクを追いかけるクセがつくと、好き嫌いの範疇を超えて、プレミア車を買うことが目的になってしまいます。

中古車は所詮は中古車ですから、好きでなければ、わざわざ高値で買ってお金を浪費することになります。

0

初心者のうちに新車を買ってしまうと、傷つくのを恐れて走行テクニックの習得が遅れます。

その他、最初は中古バイクがいいという理由をお話ししておきましょう。

■中古で乗り慣れてから新車を購入する。

ベテランのバイク乗りからは、「バイクの免許取り立ての初心者のうちは、中古バイクに乗るように」とよく言われます。

その理由は何かというと、初心者のうちは転倒や事故を起こして、バイクがボロボロになる確率が高いからです。

中古バイクで市街地走行に慣れ、ツーリングやオフロード走行にも慣れてから新車に買い替えるのが賢明です。

新車に乗りたがる人が多いですが、慣れることが先決です。

■お気に入りの新車と同系の中古バイクで。

お目当ての新車バイクがあるなら、それと同系、シリーズの中古バイクを購入しましょう。

バイクにも個性があります。

その個性を中古バイクに乗って体感してください。

ただし中古バイクには、前のオーナーの乗り方のクセが残っています。

顕著なのは、アクセル、ギアチェンジ、ブレーキングなどです。

それらは新車の個性とは異なりますので注意してください。

■中古バイクでも、あまりクセの強いものは買わないように。

試乗させてもらって、クセの程度を見極めてから購入しましょう。

気に入ったバイクと同系の中古バイクがあったからといって、即断即決するのは考えものです。

試乗をして、前のオーナーのクセや走り具合を確かめましょう。

ショップから、メンテナンスの箇所など前歴を聞いておく必要もあります。

中古バイクで異様に安いものはレストア車の可能性もあります。