バイクメーカーの名門でスズキやカワサキは、多くの話題作を輩出してきました。

それ故に中古バイクとなっても高値のままです。

その辺の事情をお話ししておきましょう。

■人気があるから高く売れる。

単純に言ってしまうと中古バイク市場で価格が高いのは、人気があるからです。

スズキやカワサキは年代ごとにヘビーユーザーがついていて、“それしか乗らない”というマニアがたくさんいます。

そういうバイク乗りのツーリングチームがあったりもします。

そうなると中古バイクといえども市場では別格扱いになります。

基本的に中古バイクの市場では、出品される前に見通しが立っていますから、最初から高値です。

■市場に出回らない幻の名車。

ヴィンテージものとか、レアもの、あるいはプレミア付の中古バイクはたくさんあります。

そういうものは年代が古くなるほど価格が高く、だいたいは中古バイクのショップに予約が入っています。

「××年の××モデルが入ったら買います」といった予約です。

ですから市場に出る前に買われ、幻の名車という地位に君臨することになります。

市場に出回るのはごく希です。

■よほど惚れ込んでいるのでなければ、プレミア付の中古バイクを追いかけるのはやめた方がいいでしょう。

最初のうちからプレミア狙いで中古バイクを追いかけるクセがつくと、好き嫌いの範疇を超えて、プレミア車を買うことが目的になってしまいます。

中古車は所詮は中古車ですから、好きでなければ、わざわざ高値で買ってお金を浪費することになります。