中古バイクは不動車でガレージに保管したままである状態であるケースもあります。

その場合中古バイクは売れないと思いそのまま保管する場合もありますが、不動車やメンテナンス出来ず状態がわからない場合も現金化は可能です。

また中古バイクとして市場に回す事でそのバイクの新しい活躍の場所を提供する事も出来ますので、価値を活かす意味でもお勧めの方法となっています。

バイクはパーツ事にも価値はありますが、プラスチックやゴムで作られたタイヤや各種パーツは経年により劣化していきます。

特にタイヤは数年で劣化していきますので、中古バイクを処分したい場合は早期に買取り依頼をした方が良いでしょう。

また中古バイクの買取りは状態がわからない場合は不動車として扱い、買取り価格は落ちてしまう場合もあります。

メンテナンスを兼ねてそのメーカーのバイク販売店に状態を確認してもらうのも良いかもしれません。

不動車であった場合は中古バイクを商品として扱うバイク店では買取り出来ない場合もありますが、不動車を主に扱う買取店では扱う事が出来ます。

中古バイクの買取で知識がない場合は複数の買取査定を一括でやってもらう一括査定であれば競合の買取店同士で競争してくれますので、相場の買取価格での買取りが出来ます。

一社の買取り査定の場合は価格比較が困難になりますし、中古バイクは状態によってかなり価格も変動します。

最初の一社の価格が最も高額だったケースもありますので、初めから複数社の査定は考えておきましょう。