中古バイクは高額買取の広告が目立ちますが、どんなバイクでも高額買取可能という事ではありません。

実際にそのバイクの価値以上の価格で買取りされる事はありませんし、店の販売価格で買取りされる事もありません。

店の販売価格はそのバイクの価値に宣伝費用や整備費を加算した価格であり、安全に乗れる状態である事を保証しているとも言えます。

その為、中古バイクの買取価格は商品代金としての価格ですし、そもそも即バイクは販売されるものばかりではありません。

需要の少ないバイクであった場合は買い取った店も中々販売出来ず、他の店に回す事もあります。

その為、店の販売価格と比較して中古バイクの買取価格が安いと感じる事はおかしな事なのです。

日本はサービスの価値を無料と考えがちな傾向が出ており、買取に関してもそういった意識が向いてしまう場合もあるのかもしれません。

また販売価格と同様の価格で中古バイクを売りたい場合はオークションへの出品や友人同士などの個人間取引という方法もあります。

ただオークションの場合は数%の手数料が取られてしまいますし、売れるかどうかは確定ではありません。

また個人間取引の場合信用の問題もありますので、売った後のクレーム処理など難しい面もあります。

早期に買取りして欲しい場合は店に買取り査定を依頼した方が良いでしょう。

中古バイクの高価買取には限界もありますが、どの店が最も高く買えるかどうかは店同士の競争に任せた方が良いのです。