中古バイクは基本的な考えとしては年式が新しいバイクほど高額で売れます。

ただ例外として新車購入後に新しいモデルが販売されてしまった場合や、需要が少ないバイクであった場合、購入後一年で買取依頼をする場合かなり価格が下がってしまう場合もあります。

逆に人気のあるバイクであれば一年経過した場合でも買取り価格はかなり高額のまま維持される事になります。

寝落ち幅も違ってきますので、年式は中古バイクの基本情報の1つであり、その他に需要が大きく関わっているのです。

例としてカワサキなどは希少な中古バイクも存在しており、状態が良ければ当時の新車価格より高額で買取りをしてもらえる場合もあります。

ただ中古バイクの価値は後々人気が出るかどうかわからないものであり、大事に扱ってきたバイクの価値が実は高いものであった、そういった事を後から知るケースが多いです。

希少なバイクはプレミア価格で販売されていますので、自身のバイクの販売価格を検索するとわかるかもしれません。

また販売価格が高額であっても買取り価格が低い例もあり、これは本体価格が高いが売れるまでに期間が必要なバイクです。

部品の価値も高額ですので一定以上の価値はありますが、査定額が低いケースもありますね。

中古バイクの価値は年式以上にその時の需要で変化していき、短期間で需要に変化が起きてしまう場合もあります。

その為バイクを売りたい場合は、年式の関係もあり早期に売った方が価格の低下が起きにくいですので、早期に対応した方が良いでしょう。