中古バイクには稀に希少車と呼ばれるバイクがあります。

昔のバイクは設備の関係もあり、販売されたバイクの台数自体もそう多いものではありませんでしたので、希少性は現在のバイクと比較し高くなる傾向にあります。

また部品自体の生産も中止されているバイクも希少車では多く見られており、不動状態の中古バイクであっても部品取りとしての価値が高く、バイクの買取り価格は高くなります。

ただ希少車と言っても昔のファンがいる根強い人気のあるバイクという意味でもありますので、需要のシーズンが過ぎてしまうと価値が落ちてしまう場合もあります。

このあたりは新しいバイクと同様の需要と供給のバランスによって中古バイクの価値は変動していきます。

このバイクの価格の変動に関してはどの売買にも言える事ですが、バイクの場合も全国で販売店同士でオークションによる仕入れが行われており、全国的にバイクの価値情報は共有されています。

その為、通常はどのバイクの買取店でも価値は変わらないはずなのですが、バイクの整備代金や販売ルートなど店側の経費の圧縮程度などで実際は変わってきます。

逆に買い叩いて安価に買取りをしようとする店もありますので注意が必要ですね。

特に希少車である場合は一見古いだけのバイクにも見えますので、低い価格で買取りになる場合もあります。

その為バイク買取りを考える場合は、必ず複数社で買取り査定をしてもらいましょう。

そうすれば買い叩かれるリスクはかなり減らす事が出来ます。

取引成立しなかった会社からは数日は連絡が来るかもしれませんが、それほど長い期間ではありませんので積極的にツールは活用していきましょう。