テレビ会議とWeb会議の比較

テレビ会議は定期的に決まった場所で役員会議など重要な会議をしたい方向けの方法です。

モニターの前に集まって、重役会議などに利用できます。

利用方法ですが、テレビやプロジェクターなどのモニターを用意し、そこに専用端末を接続します。

通常は専用回線を使用します。

専用回線があるので通信に安定性があるというメリットがあります。

しかもテレビ会議なら高画質、高音質が可能なので、臨場感のある会議をすることが出来るでしょう。

またテレビのようにリモコン操作が出来、音の大きさなどを自由に調整できます。

しかしテレビ会議にもいくつかのデメリットがあります。

例えば会議が出来る場所が限られるという点です。

接続が可能な環境のみでしか会議は出来ません。

もし接続拠点を増やしたい場合は、設備投資をする必要があるでしょう。

またテレビ会議の導入費に加えて、ハードウェアの保守や運用にコストがかかります。

さらに資料共用に不便であることです。

ではWeb会議の特徴を見てみましょう。

Web会議は、外出先からも自由に会議に参加することができます。

会議を社内だけでなく、取引先や支店ともすることができ、幅広い範囲で利用することができます。

パソコンとネット環境にさえあればいつでもどこででも行うことが出来ます。

用意するものは、パソコン、Webカメラ、ヘッドセット、インターネットです。

Web会議のメリットは、資料の共用が出来ることです。

例えばワードやエクセル、写真などをすぐに一緒に画面上で確認することができます。

またコストパフォーマンスが良いという点も上げられます。

しかし画質や音声の安定がネットの速度によっては不安定になることがあります。

Web会議・テレビ会議システムのモーラネットなら画質や音声の安定がネットの速度によっては不安定になることはありません。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.